中川多理「幻鳥譚」東京展


中川多理「幻鳥譚」東京展

2016年12月3日[土]~2017年1月9日[月祝]★水曜休館 ★12/27〜1/5休館

2016年9月京都・山科 春秋山荘にて開催された人形展の巡回展です。

「老天使EW-Ⅳ」

★onlineshop より販売開始

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2016/12/tari_rotenshi_ewiv_exvii.html

+ 

夜になるとさらに一変する山科安朱の 御陵から流れるせせらぎの水面を 化化、化化化化化と泣く声だけが走狗するのを聞くとき 滅びの化身、鳥を纏ったスナイパーの少女を思い出す。

一個師団の海兵隊に独り対峙した少女の屍体から 抜け出して飛翔したのは肩甲骨、天使の骨。

神話の御代から少女たちの奔る川の瀬で 骨寄せられた生き物は それが鳥であってもどうしても少女の面影をもつ。

+ 

骨を晒す少女、空虚を見せる少女、それが中川多理の人形の一つの特色だろう。 しかし、山科の古民家では、骨が鳥、骨が人形、骨が少女になっているという不思議を体験した。

東京・柳橋。またその骨が見られるのか、さらなる飛躍になるのか いずれにしても待望の個展になる。(今野裕一)

Special Event

■中川多理トークショー 12月4日[日]17:00〜 料金:1500円[★要予約](入場料500円が含まれます。)

ご予約はコチラ>>

中川多理「幻鳥譚」東京展 2016年12月3日[土]~2017年1月9日[月祝] ■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00 ★水曜休館 ★12/27〜1/5休館 ■入場料:500円(開催中の展覧会共通) ■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス) 住所:東京都台東区柳橋2-18-11 電話:03-5835-1180

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2016/11/nakagawatari_gentyotan_tokyo.html​