余白展(おわりのはじまり)

余白展(おわりのはじまり)

中川多理/渡邊加奈子/中村美梢



★予約制★ 2021年3月2日(火)〜4日(木) 会場|ルーサイトギャラリー ご予約はコチラ>>

+─────────────────────────────────+  余白展(おわりのはじまり)  中川多理/渡邊加奈子/中村美梢/売茶翁計画 +─────────────────────────────────+ 2021年3月2日(火)〜3月4日(木) 会場|ルーサイトギャラリー

思えば『夜想』の名前もいただいている瀧口修造の『余白に書く』の「余白」をお借りして……。 余白のなかに溶明する未来の可能性。

★★『夜想』山尾悠子特集・特装版/先行プレ展示 大きく存在の文脈を転換した『夜想』。山尾悠子がこれまで語らなかった未知にも踏み込む大胆な編集手法と、繊細に編み上げられた紙面。『夜想』は『夜想』にあらず余白に入る。

★★中川多理「薔薇色の脚オマージュ」(新作・販売もあります) 前回よりも小さめの薔薇色の脚。アトリエに篭り作り続けた山尾悠子オマージュ。 『小鳥たち』の特装本も用意。「薔薇色茶」もあわせてリリースします。


★★渡邊加奈子「母子像」

笙野頼子『猫沼』の表紙になった版画作品。香港より送られてきます。




★★中村美梢「枯花」 柳橋芸者とうたわれた市丸さんの私邸だったルーサイトギャラリーを枯花で飾ります。 器に添い、器に叛し、器が花か?花が器か? の異相空間を生み出す。しかも即興の妙。お楽しみに。

★★売茶翁計画 各地(清川・和束・吉賀町)の放棄茶畑を再生し、無農薬・無施肥のお茶を生産し、そのお茶を中心に文化活動をするプロジェクト。今年度から吉賀町に茶遊園を設営開始。 3月に運営会社を設立し、プロジェクトメンバーや会員を募集します。生産したお茶をお披露目します。

+ + +

ルーサイトギャラリー全館をお楽しみいただけます。二階から見る隅田川両岸の風景は絶品です。 かつての花街柳橋を彷彿させるのは、今やこの建物しかありません。建物ごとお楽しみください。 場と建物と茶と美術、そして人との交わり。新しい常態を可能性あるものとするプロトタイプ(試作)がここから始まります。 そしてここはパラボリカ・ビスの原型を作り出した場所でもあります。

■会場|ルーサイトギャラリー →HP ■日程|2021年3月2日(火)〜4日(木) ■時間|11:00|12:00|13:00|14:00|15:00|16:00|17:00| ★各回入替制(混雑を避けるため次の回の10分前にはご退出をお願いいたします) ★3月2日は13:00〜の営業となります。

■定員|各回10名 ■料金|1,000円(入場料+ウェルカムティー付)

ご予約はコチラ>>