山尾悠子『飛ぶ孔雀』文庫化記念展示/「薔薇色の脚」中川多理

山尾悠子『飛ぶ孔雀』文庫化記念展示/「薔薇色の脚」中川多理

★予約制★ 2020年11月9日、10日、13日、15日、20〜23日

山尾悠子『飛ぶ孔雀』に寄せて 中川多理による作品を展示販売いたします。



春秋山荘に続きパラボリカビスの活動も中止となったが、山尾悠子、中川多理との仕事は画期的に進行中だ。夜想の山尾悠子特集も、出版各社の編集者がコラボレーションして進んでいる。出版社が枠を超えて協力態勢になっている。その後に単行本も予定している。 山尾悠子さんは、国書刊行会、文藝春秋での出版も準備されている。 山尾悠子の無言の希求を中川多理が受けて「薔薇色の脚」の制作が進行している。文庫化の発売日に合わせてパラボリカ・ビスでお披露目する。 入場は、予約制で1時間ごとに入れ替えをする。

11月9日には、山尾悠子、金井美恵子(解説)ダブルサイン入り『飛ぶ孔雀』(文庫)が店頭に並ぶ予定。1人1点売り切れ次第終了になる。 (今野裕一)

新型コロナウイルス感染症対策のため、ご来館は日時指定の予約制となっております。 各回最大6名で、空いております。ご観覧の際にはお客様同士の距離にご留意くださいますようお願いいたします。 出来る限り安全にご観覧頂けるよう努めて参ります。ご自身の体調ご留意のうえご来館ください。

→ご予約はこちら

■時間︱12:00︱13:00︱14:00︱16:00︱17:00︱18:00︱19:00︱ ★各回入替制(混雑を避けるため次の回の10分前にはご退出をお願いいたします) ★11月15、20、21日は︱11:00︱12:00︱13:00︱14:00︱15:00 の短縮営業となります。 ■定員︱各回6名 ■料金︱1,000円(入場料+ウェルカムティー付)  農薬を全く使っていない発酵茶です。島根白谷の新しい拠点での本格生産の第一弾です。


http://www.yaso-peyotl.com/archives/2020/10/post_931.html