野澤松也 創作浄瑠璃弾語



野澤松也 創作浄瑠璃弾語

「野澤松也 創作浄瑠璃弾語」 「対髑髏」(幸田露伴)を中川多理の人形とともに怪奇と幻想に酔いしれる秋日

築百年の京都山科・春秋山荘で密かに そして妖しく語られる日本・怪談幻想文学の源泉。

近代最初の怪談文芸作品と言われる「対髑髏」を 歌舞伎義太夫三味線方の野澤松也が「浄瑠璃語り」で初披露。 小説を浄瑠璃で朗読する試みも、露伴を読む楽しみも。

文豪怪談傑作選(ちくま文庫)を編んだ東雅夫によれば、 「対髑髏」は、「怪談文芸もしくは日本幻想文学の至宝と言うべき極上の果実」である。 幻想文学と怪談文学の原点であり、ここから近代日本の幻想と怪奇がはじまった。

11月24日[木] start15:00

■演目:「対髑髏」幸田露伴 作 底本 文豪怪談傑作選 幸田露伴集(ちくま文庫) ■テキストレジメ:今野裕一 ■人形:中川多理 ■料金:前売3000円/当日3500円 ■会場:京都・山科 春秋山荘

ご予約はこちらから>>

Special Tea Set

京都ならではのお菓子と お茶のセットをお楽しみいただけます。 ■お菓子: 御菓子司 聚洸 ■お茶(抹茶または紅茶をお選びいただけます)  ■限定20セット ■料金:1500円 [★要予約]

ご予約はこちらから>>